topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が人を殺すのか - 2006.08.09 Wed

永遠のテーマなんだよね。

長崎に生まれて、広島で学生生活を過ごして、

私のいた小学校は夏休みに原爆登校日ってのがあって、

この時期にはいつも考える事で。



「夾竹桃の花さくたびに」って子供の時に読んだ作文が

たしか、被爆した人があまりにも苦しくて、

「この症状がおさまるのなら、毒のある夾竹桃だって食べるのに」

って言った話だったような。

漫画家のくせに本とか嫌いだった私が珍しく題名を覚えている。



ときどき自分の前世は戦時中の男性だったのじゃないかなと思うくらい

この手の話には動揺して。

ひよっとしてみんなこうなのかな?

自分だけが泣きそうになるのをこらえているのかな?

とか子供の時は考えていたような。



最近では韓国の友達とかも増えて、

やっぱり仲良くなると戦争の話もするけど

結局はそれぞれの教育の違いもあって何の答えも出ないまま終わる。



そりゃそうだ。政治や、教育や、いろいろ偏ったり不足したり逆に過多だったり

どこかしら秘密や嘘を隠している情報で、

あまつさえ数十年生きただけの小娘一人が何千年も続いた殺し合いの歴史を

結論づける事は僭越にも程がある。



結局は

「死ぬのはやです! 大事な人が死ぬのもやです! だから戦争ってやです!」

的、タラちゃんレベルな結果であきらめてしまうのだけど。



でも、漫画家にせっかくなったんだから

いつか伝えなきゃいけない何かがあるんじゃないかなとは

漠然と考える。



「●●君が好き♪」なんて言ってる漫画を描いてる場合じゃないぞと

この時ばかりは考える。



でも、何も答えは出ない。8/15にもきっとも一度考える。

多分、コレからも答えは出せない気配。



ただ、一つだけ言えるのは

原爆やピストルが人を殺してるんじゃないって事だけは確かだと思うのね。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

ならぴーさんへ

はだしのゲン!!!

私も読んだ事ありますよ~!!

あれは、子供ながらにショックだったけど。。

本当にあった事なんですもんね。。。

今、私達はどのような行動をとるのが正しいんでしょうね。

コレばっかりは。。。何も言えない(泣)

平和ボケなら、世界中が平和ボケしてくれたらいいのに。。。



酔仙さんへ

知識は毒だっていうけど。。

やっぱり人間はこの世にうまれてきた以上

知恵をつけていかなければならないんですね。。

うん。。。。

やっぱり勉強しなきゃ。。。(泣)

でも、知恵のある人が人格者なのかといったらこれも別の話で。。

うーーん。複雑(泣)

No title

闘いは遺伝子に刷り込まれてるから・・・

サッカーだって野球だって

姿を変えた戦争といえるんでねえ。



戦闘本能の逃げ道ってないとまずいんだよな。



人類は戦争から逃げる事は出来ない。



ただ

智恵でもって殺しあわない何かに行き着くしかない。

No title

う~ん、難しいテーマやね。

俺は広島出身だから8月6日は登校日じゃった。

小学校の時は平和教育なんてのやってたし、中学の時は

図書室で「はだしのゲン」をよく読んでた。

アメリカにホームスティもしたし、旅行にも行った。

でも敵国だとは思わないし、誰も思ってないと思う。

それどころか政治家は同盟国ってアメリカにスリスリしちゃってる。

沖縄は唯一の地上戦があった場所なのに、米軍基地問題はあれど

米軍で潤ってるとこもある。

戦争ってもう過去の話なんじゃろか?

イスラエル・レバノンは現在進行形。

日本は平和ボケしとるんじゃろか?




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kanesadayukio.blog.fc2.com/tb.php/60-e0419b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なつまちゅりwith 東山マミ «  | BLOG TOP |  » ガンダムミュージアム

プロフィール

kanesadayukio

Author:kanesadayukio
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (609)
PHOTO (103)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。